グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



HOME >  NEWS RELEASE >  日本インフォメーションへ「ATM 受取(電子マネーコース)」サービス提供を開始

日本インフォメーションへ「ATM 受取(電子マネーコース)」サービス提供を開始


株式会社セブン銀行

株式会社セブン・ペイメントサービス

2021年1月4日

セブン銀行子会社セブン・ペイメントサービスが

日本インフォメーションへ「ATM 受取(電子マネーコース)」サービス提供を開始

~企業から個人宛の送金が電子マネーで受け取り可能に~

株式会社セブン銀行子会社の株式会社セブン・ペイメントサービス(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:和田 哲士、以下 セブン・ペイメントサービス)が日本インフォメーション株式会社(本社:東京都中央区、代表取締役社長:斎藤 啓太、以下 日本インフォメーション)に2021 年1月4日より「ATM 受取(電子マネーコース)」のサービス提供を開始しました。

 これまでセブン・ペイメントサービスは、セブン銀行ATM を通じて、EC サイト、ネット通販の返品返金やキャッシュバック、各種チケットのキャンセルや解約の返金、報酬の受け取りなど、銀行口座を介さずに現金で受け取るサービスを提供してきました。
 本件により、日本インフォメーションのマーケティングリサーチ業務に関わるアンケートモニター謝礼金の受け取りは、セブン銀行ATM から現金を引き出すことなく、全額電子マネーのチャージによる受け取りが可能になりました。
個人のお客様は、電子メールなどで企業から送付される番号をセブン銀行ATM に入力するだけで、いつでも対象の電子マネーで受け取ることができるようになります(nanaco を除く)。なお、「ATM 受取(電子マネーコース)」サービスの提供は、本件が初めてとなります。
【日本インフォメーションについて】(https://www.n-info.co.jp/)
・企業の新商品開発を支援する、創業50 年超の総合マーケティングリサーチ会社
【マーケティングリサーチについて】
・アンケートモニターに登録した方が、謝礼金の受け取りを条件に、アンケートやインタビューを実施
・実施した結果を統計的に処理・分析し、クライアント企業のマーケティング課題等の解決に繋げる
セブン・ペイメントサービスは、これからもお客様のニーズをいち早く捉え、技術革新の成果をスピーディーに取入れながら、安心・安全と利便性を追求したサービスの提供に努めてまいります。
【セブン銀行ATMで受け取り可能となる電子マネー】

※「nanaco」 「 PiTaPa」 は対象外となります。
※電子マネーチャージ限度額
交通系電子マネーチャージ上限額:20,000円/1枚
楽天Edy::25,000円/1回 50,000円/1枚
*「Kitaca」は、北海道旅客鉄道株式会社の登録商標です。
*「Suica」は、東日本旅客鉄道株式会社の登録商標です。
*「PASMO」は、株式会社パスモの登録商標です。
*「TOICA」は、東海旅客鉄道株式会社の登録商標です。
*「manaca(マナカ)」は、株式会社エムアイシーおよび株式会社名古屋交通開発機構の登録商標です。
*「ICOCA」は、西日本旅客鉄道株式会社の登録商標です。
*「SUGOCA」は、九州旅客鉄道株式会社の登録商標です。
*「nimoca」は、西日本鉄道株式会社の登録商標です。
*「はやかけん」は、福岡市交通局の登録商標です。
*「楽天Edy(ラクテンエディ)」は、楽天グループのプリペイド型電子マネーサービスです。
【セブン銀行ATM画面遷移イメージ(電子マネーでの受け取り方法)】
テキストが入ります。テキストが入ります。テキストが入ります。テキストが入ります。テキストが入ります。テキストが入ります。テキストが入ります。テキストが入ります。

                                                     以上